【4年さかのぼり】第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件

2021年1月23日

第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件

この記事を書いた人
ベンゾー

・育児休業給付金の解説と相談の専門家
・SNSでの相談は年間150回以上
・相談があれば解決するまで付き合います
 ⇒ベンゾーに無料相談する
・一児のパパ

本業でもプライベートでも育休の説明をしているベンゾー(@ikukyu_hotline)です。

この記事では「第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件」を解説します。

こんな方向け

  • 第一子の育休中だけど、第二子を考え始めた人
  • 2年さかのぼっても第一子の育休にかかるので、条件をクリアできないと思ってる人
  • 4年さかのぼれる例外があるらしいけど、よくわからない人
  • 自分が育児休業給付金の対象になるのか不安な人

第一子の育休中に第二子も授かれた!とってもめでたい!

でもそんな方から次のような相談をいただくことが多いです。

育児休業給付金って過去2年の出勤状況で判断するんですよね?

私、途中から第一子の育休に入ってるので、12ヶ月分出勤してないんですけど・・・。

もしかして育児休業給付金って出ないですか?

ベンゾー

多くの場合は、ちゃんと育児休業給付金が出ます。安心してください。

ちょっと特殊なケースだとネットで調べててもなかなか答えが出てこないし、会社の総務も詳しくない。

ハローワークに電話をしてもあんまり親身に話を聞いてくれないことも。

相談者

どこに聞けば答えてくれるのよ!!

今回はそんなちょっと特殊なケース。「第二子を連続で出産する場合の育児休業給付金」について解説します。

キーワードはずばり「4年さかのぼりという例外」です!

まずはざっくり今回の解説をまとめると以下の通り。

Point

  • 原則は育児休業開始日から2年さかのぼる
  • ただし2年以内に病気・ケガ・育児などで丸々1ヶ月以上休んでた
  • これに該当する人は最大4年までさかのぼることができる

以下、詳しく解説していきます。

この記事を読んでいただければ、「第二子の分も育児休業給付金の対象になるのか」判断できるようになります。

ベンゾー

具体例と注意点も説明します

参考

そもそも育児休業給付金の制度について、あんまり自信がないという方はコチラもオススメです。

最初の取っ掛かりになってもらえるように、簡単に制度を解説しています。

➡️ 【全然わからない人向け】育児休業給付金をもらえる条件を解説

【前提】育児休業給付金の支給要件をおさらい

第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件
前提であり原則は過去2年間でクリアすること

まずは支給要件の原則をおさらい。

Point

  1. 育休前の2年間で11日以上出勤した月が12回以上
  2. 雇用保険に入っている

他にも支給要件はありますが、この2つが主なものです。

上記2つの内、今回の話で重要なのが「1.育休前の2年間で11日以上出勤した月が12回以上」です。

ベンゾー

「1.育休前の2年間で11日以上出勤した月が12回以上」を原則として、今回は例外の話を解説します。

参考

相談者

「育休前の2年間で11日以上出勤した月が12回以上」ってどういうことだっけ?

という方は、まずはコチラの記事をご覧ください。

間違えやすいポイントを中心に、考え方を解説しています。

➡️ 私はOK?「出勤日数11日以上が12ヶ月以上」という条件を解説

【本題】第二子を連続で出産すると育児休業給付金の条件が変化する

第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件
連即出産をすると2年が最大4年まで延びる

2年以上さかのぼれるようになる

相談者

第二子を妊娠したからまた育児休業給付金をもらおう

相談者

あれ?そういえば2年前から数えたら、途中で育休に入ってるんじゃ・・・

相談者

やば・・・12ヶ月足りないじゃん!!

ベンゾー

大丈夫。例外で2年以上さかのぼって条件をクリアしていればOKです。

前提であり原則では「育休前の2年間で11日以上出勤した月が12回以上」という条件。

しかし第二子を連続出産した場合、「育休前の2~最大4年間で11日以上出勤した月が12回以上」という条件に変わります。

相談者

よかった!第二子も育児休業給付金をもらえるんだ!

2年が4年に延びる条件は「第二子を連続出産すること」ではないので語弊がありますが、わかりやすさを重視してこの表現を使っています。

疾病、負傷等やむを得ない理由で休むとさかのぼり期間が増える

相談者

なんで2年が4年に延びるの?

ベンゾー

原則の2年間の中で、「疾病、負傷等やむを得ない理由で休む」と休んだ分だけさかのぼり期間が増えるんです。

連続で出産したため第一子の育休期間が原則の2年間の中にありました。

だから、その期間分だけ原則の2年間に足されたんです。

わかりやすく言うと「ケガ・病気・出産育児」

第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件
わかりやすく言うとこの3つ
相談者

「疾病、負傷等やむを得ない理由」ってなんかよくわからないね・・・

ベンゾー

わかりやすい表現をすると「ケガ・病気・出産・育児」です。

「疾病、負傷等やむを得ない理由」をもう少し一般的な表現に変えると「ケガ・病気・出産・育児」になります。

一応、これ以外にも「疾病、負傷等やむを得ない理由」に含まれるものはありますが、一般的にはここで解説したものになります。

(気にしなくて良い補足)

ちなみに「ケガ・病気」は必ずしも「傷病手当金」を受給していなくても良いとされています。

傷病手当金と育児休業給付金は管轄行政が違いますので。

休んでいた分さかのぼるので、2年or4年ではない

相談者

第一子の育休で休んだ場合、必ず4年延びるの?

ベンゾー

いえ。2年~4年の間で延びるので、3年とか3年半とかもあり得ます

ネットで検索をしていると「2年」と「4年」という数字が目立つので、たまに2年or4年なのかと勘違いされている方がいます。

しかし、実際は丸々1ヶ月間単位でお休みしていた分だけ、原則の2年間に足される仕組みです。

したがって、第一子の育休とかぶっていたのが半年だけであれば、半年だけ足されて2年が2年半になるんです。

相談者

必ず4年に延びると思ってたらダメなんだね!!

【具体例】第二子の育児休業給付金

ベンゾー

ここからは具体例を使って育児休業給付金がもらえるケースともらえないケースを解説していきます。

OKな例|第二子でも育児休業給付金をもらえるケース

第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件
ほぼOKな例
Point

  1. 第一子の育児休業給付金が取れている
  2. 第一子の育休のとき2年以内に12ヶ月分取れている

上記2点をクリアしていれば、ほぼほぼ第二子でも育児休業給付金をもらえます。

ベンゾー

第一子と第二子の間隔次第ですが、ほぼ取れると思ってOKです

NGな例|第二子で育児休業給付金をもらえないケース

第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件
ほぼNGな例
Point

  1. 第一子の時点で4年近くさかのぼっている

上記に該当している場合、残念ながら育児休業給付金はもらえません。

ベンゾー

多少さかのぼる程度だったり、第一子と第二子の間隔次第ではセーフなので、不安な方はご相談ください。

➡️ 無料でベンゾーに相談する方法を見る

【要注意】第三子も考えている場合

第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件
第三子のときだけは要注意
相談者

最大4年さかのぼれる例外があるから、安心して第三子も出産できるね!

ベンゾー

ちょっと待ってください。第三子も連続して出産する場合はよく注意をしてください

先に結論を言うと、第一子~第三子まで連続して出産をする場合、育児休業給付金が出る可能性は低くなります。

具体的にいうと、「第一子の出産時から第三子の出産までずっと休んでいる」というケース。

第三子の育児休業開始日から例外も含めて、4年間しかさかのぼることができません。

通常の出産の間隔からいくと、順調に出産を繰り返したとしても第三子の育休開始日から4年をさかのぼっても数ヶ月足りないことが多いです。

ベンゾー

計算をしてみると、数ヶ月だけ足りないというケースがあります

Point

以下の図は・・・

  • 第一子:2018年2月出産
  • 第二子:2019年6月出産
  • 第三子:2020年12月出産

という出産スケジュールと仮定し、12ヶ月に達することができるか計算したものです。

第三子の場合は12ヶ月に達していないので、育児休業給付金はもらえません。

第三子の育児休業給付金
第三子の育児休業給付金

  • ピンク:原則の2年間で見られる期間
  • 緑:例外の4年間で見られる期間
  • 白:例外にすらかからない期間
相談者

そうなんですね。じゃあ数ヶ月だけ職場に復帰して、もう一度育児休業をとることにします。

ベンゾー

・・・ダメなんです。足りない数ヶ月だけ復帰しても、育児休業給付金は出ません。

ややこしい話をします。

そもそも原則2年間に対する例外が認められているのは、原則2年間の中で休業しているからです。

数ヶ月足りないからといって職場に復帰すると、例外で認められた追加の2年間から復帰した分だけ削られてしまいます。

相談者

確かに・・・。じゃあ結局、何ヶ月復帰すれば良いんですか?

ベンゾー

・・・最低1年間必要です。結局、復帰した分だけ例外が減るので、例外は使えないと思ってください。

相談者

(マジか・・・)

3ヶ月足りないからといって3ヶ月復帰すれば、3か月例外の期間が減ります。

すると結局足りない月数は変わりませんね。

だから結局、原則2年間だけで12ヶ月分用意できるようにしなければなりません。

まとめ|第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件

第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件
第一子・第二子連続で育児休業給付金をもらう条件
まとめ

  • 連続で出産すると条件が変わる
    ⇒原則2年だったのが、最大4年まで延びる
  • 2人連続の出産の場合は育児休業給付金をもらえるか
    ⇒まれにもらえないケースもあるが、ほぼもらえる
  • 3人連続の出産の場合は育児休業給付金をもらえるか
    ⇒もらえないケースが多い

原則に対する例外の話。さらに例外の中でも気を付けなければならない話を解説しました。

複雑になるほど当てはまる人は少なくなりますが、もしも当てはまれば自分ひとりで解決するのは不可能です。

「あれ?もしかして私、育児休業給付金をもらえない?」って思ったら早めにご相談ください。

早めにご相談いただければ提案できる対策も違ってきます。

ベンゾー

同じような相談で、片方は妊活中。片方は出産後に相談をいただき、妊活中の方だけ助けることができました。

「結局、私の場合はどうなるの?」という疑問が残った方も安心してください。

僕に質問してくれれば、あなたのケースはどうなるかを回答します。

疑問が解決するまで、何度でも質問・相談可能です。(お金も取りません)

➡️ 無料でベンゾーに相談する方法を見る

条件

Posted by ベンゾー